カラーコーディネーター検定試験2級問題集の口コミ

カラーコーディネーター試験入門ガイドtop

本番さながらの設問内容

カラーコーディネーター検定試験2級問題集は、本番さながらの充実した設問内容が特徴です。過去問題例が付いているので、傾向と対策をつかみたい方におすすめです。

第1章 カラーコーディネーションの意義/第2章 色彩の歴史的発展と現状/第3章 生活者の視点からの色彩/第4章 生産者の視点からの色彩/第5章 カラーコーディネーターの視点

それではカラーコーディネーター検定試験2級問題集の口コミや評判を紹介します。

試験より難しい

・自分の理解度をテキストを読むよりは把握することが出来る
・問題集の方が試験より難しかった
・とにかく問題、問題、大変な量です
・頑張ってクリアしていけば、受かりそうな程の量
・問題量がとにかくあります

1ページに1題

・2級は単元が大きいので、問題を数多くこなしたほうが良い
・実際の試験では選択が3~4択と限られてきますので、この問題集より断然簡単
・この問題集3回ほど繰り返し、合格しました
・大体1ページに1題となっていて、書き込むスペースも多くあります
・問題集は難しい内容(数式等)はほとんどない

繰り返し解く

・この問題集を解けばかなり合格に近くなると思う
・要点が結構つかみにくい印象を受けます
・ポイント解説などを望まれる方は、この問題集ではないほうがよい
・要点ポイントのまとめ+問題集の内容にしたほうが、個人的にはいい
・問題を繰り返し解くことで何が大事かわかるのでいいです

カラーコーディネーター検定試験2級問題集の詳細はこちら

初めて検定を受けるという方には
カラー、色彩関連の効率的な情報収集の方法を紹介します。
やはり経験者や現場の声などのリアルタイムな情報は必要です。^^

学習方法、就職資料・費用ゼロ収集法

確実に3級を取得したいという方には
87%の合格率がある勉強方法を紹介します。
色彩検定の暗記が「覚えにくい」と感じる方に最適な方法です。^^

最低限の部分だけ覚える語呂合わせ暗記法