カラーコーディネーター検定試験2級公式テキストの口コミ

カラーコーディネーター試験入門ガイドtop

3者の視点から色彩を捉えた内容

カラーコーディネーター検定試験2級公式テキストは、生活者・生産者・カラーコーディネーター3者の視点から色彩を捉えた内容となっています。

第1章 カラーコーディネーションの意義(色彩の情緒性と識別性/カラーコーディネーションに求められる基本的要素 ほか)/第2章 色彩の歴史的発展と現状(色彩科学の歴史的展開/近代デザインと色彩 ほか)/第3章 生活者の視点からの色彩(「色の見え」に影響を与える要因/色彩と照明 ほか)/第4章 生産者の視点からの色彩(色材の基礎知識/色の測定と表示 ほか)/第5章 カラーコーディネーターの視点(カラーリサーチの理論と手法/カラーコミュニケーション ほか)

それではカラーコーディネーター検定試験2級公式テキストの口コミや評判を紹介します。

文章そのまま出ます

・あまり読みやすいとは言えないと思う
・試験対策用に購入する方がよいかも
・カラーコーディネーター検定を受けるなら完璧に読んでれば大丈夫なようです
・ほとんど文章そのまま出ます
・内容をもっと受験者が理解できるように記載すべきと感じました

とっつきにくい?

・日常生活で使用しない論文のような単語ばかりの羅列
・受験するには、正直、絶対必須の1冊
・文章が、硬いというか、難しく、理解に時間がかかりました
・初心者には、とっつきにくかった
・テキストの内容をしっかり覚えれば、それ程多くの練習問題をこなさなくても大丈夫

何を覚えていいのやら…

・このテキストだけでは何を覚えていいのやら…って感じ
・これだけの量を暗記するのは難しい
・テキストを読んだあとに問題集を解くと何が大事かわかる
・文章のレイアウトが非常に悪いので読み進みにくい
・某同系検定の公式テキストより飲み込み易い内容です

カラーコーディネーター検定試験2級公式テキストの詳細はこちら

初めて検定を受けるという方には
カラー、色彩関連の効率的な情報収集の方法を紹介します。
やはり経験者や現場の声などのリアルタイムな情報は必要です。^^

学習方法、就職資料・費用ゼロ収集法

確実に3級を取得したいという方には
87%の合格率がある勉強方法を紹介します。
色彩検定の暗記が「覚えにくい」と感じる方に最適な方法です。^^

最低限の部分だけ覚える語呂合わせ暗記法