色の誘目性

色の誘目性について・・・

カラーコーディネーターをめざすなら、まずは試験や検定の対策!

カラーコーディネーター
トップページ >イメージ> 色の誘目性

色の誘目性について

色の誘目性

色の誘目性とは、目立ちやすい色の度合いをいいます。例えば道路標識などは、色の誘目性が高い配色が必要となります。そこで彩度の高い暖色系(赤~オレンジ~黄色)などの目立ちやすい色が使われています。


まずは情報収集しよう!

「どの検定試験がいいの?」 「独学でも合格できるの?」 「スクールや学校に行かなきゃダメ?」 「何を知らないとダメ?」 「資格取得後の就職状況は?」 「どんな就職先があるの?」 「実際にはどんな仕事をしているの?」

あなたも、いろんな不安や疑問、わからないことだらけではないですか? あまり深く考えずに、いきあたりばったりで考えていても、無駄に労力と時間を費やすことになりかねません。

まずは徹底して、情報を収集しましょう。

下記ページは、カラー、色彩関連の効率的な情報収集の方法が紹介されています。 やはり経験者や現場の声などのリアルタイムな情報は必要です。

>> 学習方法、就職資料・費用ゼロ収集法


イメージの一覧

暖色
暖色とは、赤や橙(だいだい)などの色のことで、たいていの人が
暖色系
暖色系とは、暖色と呼ばれる、たいていの人が
寒色
寒色とは、青などの色のことで、たいていの人が生理的
寒色系
寒色系とは、寒色と呼ばれる、たいていの人が生理的に涼しさや
中性色
中性色とは、暖かい、涼しいといった寒暖のイメージがつきにくい
興奮色
興奮色とは、彩度(鮮やかさ・濃い、薄い)が高い暖色系(赤~オレンジ~黄色)の色のことをいいます。興奮色とは
沈静色
沈静色とは、彩度(鮮やかさ・濃い、薄い)が低い寒色系(青~緑)の
進出色
進出色とは、手前の方へ突出したように近づいて見える色のことをいいます。明度の
後退色
後退色とは、より奥まったように遠くへ引っ込んだように
収縮色
収縮色とは、実際の面積よりも小さく見えてしまう色のことをいいます。収縮色の
色の視認性
色の視認性とは、色の見えやすさのことをいいます。例えば
色の誘目性
色の誘目性とは、目立ちやすい色の
色の面積効果
色の面積効果とは、色の面積の広さによって同じ色でも明度や彩度
アパレル
アパレルとは、衣服のことをいいます。繊維(天然繊

サイト内検索

カテゴリー