色光三原色

色光三原色について・・・

カラーコーディネーターをめざすなら、まずは試験や検定の対策!

カラーコーディネーター
トップページ >混色> 色光三原色

色光三原色について

色光三原色

色光三原色とは、色光(色のついた光)を混色するときに用いる3種類の色のことをいいます。赤(R)、緑(G)、青(B)が色光三原色で、RGBの3文字に見覚えのある方も多いでしょう。モニター画面やテレビ画面などの色は、色光三原色を使っています。


まずは情報収集しよう!

「どの検定試験がいいの?」 「独学でも合格できるの?」 「スクールや学校に行かなきゃダメ?」 「何を知らないとダメ?」 「資格取得後の就職状況は?」 「どんな就職先があるの?」 「実際にはどんな仕事をしているの?」

あなたも、いろんな不安や疑問、わからないことだらけではないですか? あまり深く考えずに、いきあたりばったりで考えていても、無駄に労力と時間を費やすことになりかねません。

まずは徹底して、情報を収集しましょう。

下記ページは、カラー、色彩関連の効率的な情報収集の方法が紹介されています。 やはり経験者や現場の声などのリアルタイムな情報は必要です。

>> 学習方法、就職資料・費用ゼロ収集法


混色の一覧

混色
混色とは、その言葉のとおり色と色を混ぜることで別の色をつくりだすことをいいます。混色によって
原色
原色とは、混色(色を混ぜて別の色をつくること)によって作ることのできない独立した色のことをいいます。また原色は
三原色
三原色とは、混色(色を混ぜて別の色をつくること)によってあらゆる色を作り出すことのできる
色光
色光とは、その文字のとおり色のついた光のことをいいます。モニター画面や
色料
色料とは、インクや絵具などの色の元となるものをいいます。印刷物やポスターなどの色
色光三原色
色光三原色とは、色光(色のついた光)を混色するときに用いる3種類の色のことをいいます
色料三原色
色料三原色とは、色料(インクや絵具などの元となる色)を混色するときに用いる3種類の色
加法混色
加法混色とは、色光(色のついた光)の混色のことをいいます。色光は、混色するほどに
減法混色
減法混色とは、色料(インクや絵具などの元となる色)の混色のことをいいます。色料は混色するほどに
中間混色
中間混色とは、混色された色が ・元の色の中間の明るさ ・元の色の面積に比例した明るさ であることをいいます。中間混色の
回転混色
回転混色とは、円の中に複数の色をつけ、回転させたときに混色されることをいいます。元の色の
継時加法混色
継時加法混色とは、回転混色のことです。円の中に複数の色をつけ、回転させたときに混色
並置混色
並置混色とは、細かいいくつかの色の点を並べたものを遠くから見ると、いくつかの
並置加法混色
並置加法混色とは、細かいいくつかの色の点を並べたものを遠くから見ると、いくつかの

サイト内検索

カテゴリー