単色光

単色光について・・・

カラーコーディネーターをめざすなら、まずは試験や検定の対策!

カラーコーディネーター
トップページ >色の見え方> 単色光

単色光について

単色光

単色光とは、それ以上に分光することのできない光のことをいいます。ニュートンの実験によりプリズム(三角のピラミッド状のガラス体)を通した結果、見ることのできるスペクトルは、それ以上に分光することができません。従って、スペクトルに現れる光が単色光となります。


まずは情報収集しよう!

「どの検定試験がいいの?」 「独学でも合格できるの?」 「スクールや学校に行かなきゃダメ?」 「何を知らないとダメ?」 「資格取得後の就職状況は?」 「どんな就職先があるの?」 「実際にはどんな仕事をしているの?」

あなたも、いろんな不安や疑問、わからないことだらけではないですか? あまり深く考えずに、いきあたりばったりで考えていても、無駄に労力と時間を費やすことになりかねません。

まずは徹底して、情報を収集しましょう。

下記ページは、カラー、色彩関連の効率的な情報収集の方法が紹介されています。 やはり経験者や現場の声などのリアルタイムな情報は必要です。

>> 学習方法、就職資料・費用ゼロ収集法


色の見え方の一覧

可視光線
可視光線とは、電磁波のことをいいます。可視光線という字のごとく、目に見ることができる電磁波というのが特長です。可視光線は、
電磁波
電磁波とは、光や紫外線、赤外線、電波・・・などの様々なエネルギーのことをいいます。その違いは、
ナノメーター
ナノメーターとは、様々なエネルギーの波長の長さを表す単位のことをいいます。通常nm(ナノメートル)
スペクトル
スペクトルとは、ニュートンの実験によりよく知られ、光が分光することで見える虹のような色の帯のことをい
白色光
白色光とは、無色で肉眼では色を感じることのない光のことをいいます。太陽の光などは、色を感じること
単色光
単色光とは、それ以上に分光することのできない光のことをいいます。ニュートンの実験によりプリズム
複合光
複合光とは、単色光(それ以上に分光することのできない光)の集まりのことをいいます。例えば白色光
屈折
屈折とは、光がなにかの物質にあたったときに曲がることをいいます。なにかの物質にあたらない時、光
光源色
光源色とは、電灯や太陽などといった直接的な光の色のことをいいます。光の色は光源色の他にも、・
表面色
表面色とは、様々な物の表面から反射されることで見える光の色のことをいいます。物に様々な光をあてると
透過色
透過色とは、色セロファンや色のついたガラスなどを透かしたときに見える光の色のことをいいます。透過色
透明面色
透明面色とは、色セロファンや色のついたガラスなどを透かしたときに見える光の色のことをいいます。透明面色は
物体色
物体色とは、物が光に照らされたときに見える色のことをいいます。物体色には2種類があり、色セロファン
反射色
反射色とは、様々な物の表面から反射されることで見える光の色のことをいいます。反射色は、表面色
虹彩
虹彩とは、目の構造や働きをつくっている一部分です。虹彩は、目の瞳孔を大きくしたり小さくしたりすることで
網膜
網膜とは、物を見るために大切な働きをするところで、一般的にはフィルムのような役割をするといわれています。目に入ってくる光は、この網膜で
角膜
角膜とは、いわゆる黒目の部分を覆う透明な膜のことをいいます。光を屈折して焦点を合わせる働きがあります。角膜に
水晶体
水晶体とは、凸レンズの形状をした透明な部分で角膜と同様にレンズの働きをしています。角膜で光は
機能的効果
機能的効果とは、道路の信号や標識などといった特定の情報をはっきりと伝えたり、
情緒的美的効果
情緒的美的効果とは、ウキウキするような楽しさや、はっとさせられる美しさを感じさせるような

サイト内検索

カテゴリー