マンセルシステム

マンセルシステムについて・・・

カラーコーディネーターをめざすなら、まずは試験や検定の対策!

カラーコーディネーター
トップページ >色の分類> マンセルシステム

マンセルシステムについて

マンセルシステム

マンセルシステム(Munsell System)は、アメリカの画家アルバート・マンセルにより考え出された表色系のことをいいます。アメリカの工業規格(ANSI)と日本工業規格(JIS)に使われています。マンセルシステムでは、色相をヒュー(Hue)・彩度をクロマ(Chroma)・明度をバリュー(Value)といいます。


まずは情報収集しよう!

「どの検定試験がいいの?」 「独学でも合格できるの?」 「スクールや学校に行かなきゃダメ?」 「何を知らないとダメ?」 「資格取得後の就職状況は?」 「どんな就職先があるの?」 「実際にはどんな仕事をしているの?」

あなたも、いろんな不安や疑問、わからないことだらけではないですか? あまり深く考えずに、いきあたりばったりで考えていても、無駄に労力と時間を費やすことになりかねません。

まずは徹底して、情報を収集しましょう。

下記ページは、カラー、色彩関連の効率的な情報収集の方法が紹介されています。 やはり経験者や現場の声などのリアルタイムな情報は必要です。

>> 学習方法、就職資料・費用ゼロ収集法


色の分類の一覧

有彩色
有彩色とは、赤や青、黄色などの色みを持つすべての色のことをいいます。反対に白、黒、灰色などのように色みを持たない色は無彩色
無彩色
無彩色とは、白、黒、灰色などの色みを持たない色のことをいいます。反対に赤、青、黄色などのように色みを持つ色は有彩色とされています。無彩色は
色の三属性
色の三属性とは、色相(色みの種類)、彩度(鮮やかさ、濃い、薄い)、明度(明るい、暗い)の3つをいいます
色相
色相(しきそう)とは、色の要素、色みの種類のことをいいます。例えば青色であれば、薄い青も濃い青、明るい青、暗い青もすべてが青という色相
心理四原色
心理四原色とは、PCCS色相環において赤色、青色、黄色、緑色のことで、色覚の基本となる4色のことをいいます
心理補色
心理補色とは、ある色をしばらく見つめた後に、白い紙などに視線を移すと残像として見える色のことをいいます。
物理補色
物理補色とは、ある色とある色を混ぜ合わせた結果、無彩色となるものをいいます。
明度
明度(めいど)とは、色の明るさの度合いをいいます。明るい色は明度が高く、暗い色は明度
彩度
彩度(さいど)とは、色みの強さの度合いをいいます。色の強さとは、色の濃淡によります。色の強い(濃い)ものは彩度が
純色
純色とは、色相の中で最も彩度が高い(9s・色が濃い)色のことをいいます。純色に白や黒、灰色などの
トーン
トーンとは色調のことで、明度(めいど・色の明るい、暗い)と彩度(さいど・色の濃い、薄い)の両方を組
ヒュートーンシステム
ヒュートーンシステムとは、PCCSにおいてトーンとヒュー(色相)によって分類した色のシステムのことをい
明清色
明清色とは、純色(9s・色が濃い)に白を加えた色のことをいいます。ペールトーン(p)、ライトトーン(lt)、
暗清色
暗清色とは、純色(9s・色が濃い)に黒を加えた色のことをいいます。ダークグレイッシュトーン(dkg)、ダークトーン
中間色
中間色とは、純色(9s・色が濃い)にグレイを加えた色のことをいいます。グレイッシュトーン(g)、ライトグレイッシュ
表色系
表色系とは、様々な色を記号や数字などで分類整理した色彩の評価形式のことをいいます。PCCS(日
PCCS
PCCSとは、日本色研配色体系(Practical Color Co-ordinate System)という表色系のことをいいます
マンセルシステム
マンセルシステム(Munsell System)は、アメリカの画家アルバート・マンセルにより考え出された表
オストワルトシステム
オストワルトシステム(Ostwald System)とは、ドイツの化学者オストワルトにより考え出された表色系
NCS
NCS(Natural Color System)とは、スウェーデンで考え出された表色系のことをいいます。スウェーデン
OSA均等色尺度
OSA均等色尺度(OSA Uniform Color Scales)とは、アメリカ光学会(OSA)で考え出された表色
DIN
DIN(Deutsche Industre Norm)とは、ドイツでオストワルトシステムを基本として考え出された表色

サイト内検索

カテゴリー