2級試験内容

2級試験内容について・・・

カラーコーディネーターをめざすなら、まずは試験や検定の対策!

カラーコーディネーター
トップページ >検定試験> 2級試験内容

2級試験内容について

2級試験内容

カラーコーディネーター2級試験の内容は、・色彩の物理学 ・測色学 ・生理学 ・心理学 ・色彩計画 ・色彩の応用・・・といった専門的知識の理解を問われます。
その出題範囲は、
1.カラーコーディネーションの意義(・色彩の情緒性と識別性 ・カラ-コ-ディネ-ションに求められる基本的要素 ・商業行為における活用と考慮事項)
2.色彩の歴史的発展と現状(・色彩科学の歴史的展開 ・近代デザインと色彩 ・民族と色彩 ・自然界の色彩的特徴)
3.生活者の視点からの色彩(・「色の見え」に影響を与える要因 ・色彩と照明 ・照明による色彩の演出 ・分光分布と色彩知覚 ・色彩の法的規制)
4.生産者の視点からの色彩(・色材の基礎知識 ・色の測定と表示 ・色の差の測定と表示 ・流行色)
5.カラーコーディネーターの視点(・カラ-リサ-チの理論と手法 ・カラ-コミュニケ-ション ・色の意味と配色 ・色彩調和 ・自動配色の展開手法 ・配色の類型と用語 ・カラ-コ-ディネ-ションの実例)・・・となっています。


まずは情報収集しよう!

「どの検定試験がいいの?」 「独学でも合格できるの?」 「スクールや学校に行かなきゃダメ?」 「何を知らないとダメ?」 「資格取得後の就職状況は?」 「どんな就職先があるの?」 「実際にはどんな仕事をしているの?」

あなたも、いろんな不安や疑問、わからないことだらけではないですか? あまり深く考えずに、いきあたりばったりで考えていても、無駄に労力と時間を費やすことになりかねません。

まずは徹底して、情報を収集しましょう。

下記ページは、カラー、色彩関連の効率的な情報収集の方法が紹介されています。 やはり経験者や現場の声などのリアルタイムな情報は必要です。

>> 学習方法、就職資料・費用ゼロ収集法


検定試験の一覧

検定試験とは
カラーコーディネーター検定試験とは、東京商工会議所が行う色彩の検定試験です。他の色彩検定と同様に1級、2級、3級と分かれています。3級はアシスタント・カラーコーディネーター
1級「ファッション色彩」
1級カラーコーディネーター「ファッション色彩」とは、3つある1級カラーコーディネーターの称号のうちのひとつです
1級「商品色彩」
1級カラーコーディネーター「商品色彩」とは、3つある1級カラーコーディネーターの称号のうちのひとつです。
1級「環境色彩」
1級カラーコーディネーター「環境色彩」とは、3つある1級カラーコーディネーターの称号のうちのひとつです。
検定試験概要
カラーコーディネーター検定試験は、2級と3級が全国で年2回行われます。1級は年1回です。試験日
受験資格
カラーコーディネーター検定試験の受験資格には制限が一切ありません。学歴、性別、国籍、年齢、経
1級2級3級
カラーコーディネーター検定試験には、1級、2級、3級のレベルに分かれています。どの級でも自由に受験することができます
3級試験内容
カラーコーディネーター3級試験の内容は、アシスタント・カラーコーディネーターとしての基礎的な色彩の
2級試験内容
カラーコーディネーター2級試験の内容は、・色彩の物理学 ・測色学 ・生理学 ・心理学 ・色彩計画
1級試験内容
カラーコーディネーター1級試験の内容は、3分野のうち1分野を選択する形式となっています。第1分野はファッション色彩、第
1級「ファッション色彩」試験内容
カラーコーディネーター1級試験の内容は、3分野のうち1分野を選択する形式となっています。第1分野がファッション色彩です。
1級「商品色彩」試験内容
カラーコーディネーター1級試験の内容は、3分野のうち1分野を選択する形式となっています。第2分野が商品色彩です
1級「環境色彩」試験内容
カラーコーディネーター1級試験の内容は、3分野のうち1分野を選択する形式となっています。第3分野が環境色彩

サイト内検索

カテゴリー