ファッションコーディネート色彩能力検定

ファッションコーディネート色彩能力検定について・・・

カラーコーディネーターをめざすなら、まずは試験や検定の対策!

カラーコーディネーター
トップページ >資格> ファッションコーディネート色彩能力検定

ファッションコーディネート色彩能力検定について

ファッションコーディネート色彩能力検定

ファッションコーディネート色彩能力検定とは、文部科学省の認定を受けた検定試験です。AFT(All Japan Fashion Teachers)により1990年に始まった検定試験が95年に文部省認定となり、本格的な資格検定となりました。1級、2級、3級と分かれています。名称にファッションとあるため、ファッション専門の資格と思われがちですが、様々な色彩の分野を扱うことのできる資格です。


まずは情報収集しよう!

「どの検定試験がいいの?」 「独学でも合格できるの?」 「スクールや学校に行かなきゃダメ?」 「何を知らないとダメ?」 「資格取得後の就職状況は?」 「どんな就職先があるの?」 「実際にはどんな仕事をしているの?」

あなたも、いろんな不安や疑問、わからないことだらけではないですか? あまり深く考えずに、いきあたりばったりで考えていても、無駄に労力と時間を費やすことになりかねません。

まずは徹底して、情報を収集しましょう。

下記ページは、カラー、色彩関連の効率的な情報収集の方法が紹介されています。 やはり経験者や現場の声などのリアルタイムな情報は必要です。

>> 学習方法、就職資料・費用ゼロ収集法


資格の一覧

検定試験の違い
カラーコーディネーターの資格検定試験は、3種類あります。
ファッションコーディネート色彩能力検定
ファッションコーディネート色彩能力検定とは、文部科学省の認定を受けた検定試験です。AFT(All Japan Fashion Teachers)により1990年に始まった検定試験が95年に文部省認定
検定試験
カラーコーディネーター検定試験は、東京商工会議所によって主催、認定している検定試験です。1級、2
色彩士検定
色彩士検定は、色彩士検定委員会が実施するカラーコーディネーターになるための資格検定です。色彩
資格の違い
カラーコーディネーターの資格検定は、3種類あります。文部科学省認定のファッションコーディネート色彩能力検定、東京商工会議所のカラーコーディネーター検定試験、色彩士検定委員会の色彩士検定です

サイト内検索

カテゴリー