カラーマーケティング

カラーマーケティングについて・・・

カラーコーディネーターをめざすなら、まずは試験や検定の対策!

カラーコーディネーター
トップページ >概要> カラーマーケティング

カラーマーケティングについて

カラーマーケティング

マーケティングにおいて色が持つイメージは重要です。色によって印象やイメージが大きく変わるためです。それだけに企業のイメージカラーや商品、広告などは、よりマーケティング効果のある配色をする必要があります。カラーコーディネーターは、ある配色がどのようなイメージを人に感じさせるのかという知識によって、マーケティングにおける配色を最適化することができるでしょう。


まずは情報収集しよう!

「どの検定試験がいいの?」 「独学でも合格できるの?」 「スクールや学校に行かなきゃダメ?」 「何を知らないとダメ?」 「資格取得後の就職状況は?」 「どんな就職先があるの?」 「実際にはどんな仕事をしているの?」

あなたも、いろんな不安や疑問、わからないことだらけではないですか? あまり深く考えずに、いきあたりばったりで考えていても、無駄に労力と時間を費やすことになりかねません。

まずは徹底して、情報を収集しましょう。

下記ページは、カラー、色彩関連の効率的な情報収集の方法が紹介されています。 やはり経験者や現場の声などのリアルタイムな情報は必要です。

>> 学習方法、就職資料・費用ゼロ収集法


概要の一覧

カラーコーディネーターとは?
カラーコーディネーターとは?
カラースペシャリスト
カラーコーディネーターは、様々な活躍場面によって、いろいろな呼び方をされています。例えば、カラーアナリストやカラーリスト、カラーセラピスト、色彩プランナー
カラーマーケティング
マーケティングにおいて色が持つイメージは重要です。色によって印象やイメージが大きく変わるためです。それだけに企業のイメージカラーや商品、広告などは、よりマーケティング
カラーコンサルタント
カラーコンサルタントといっても、実際にカラーコーディネーターと明確な区別はなく、主に様々な現場で、色の相談や指導などを行っている人のことをいいます。カラーコンサルタント
カラーアナリスト
カラーアナリストといっても、実際にはカラーコーディネーターとの明確な区別はありません。しかし一般的には、パーソナルカラー診断などでその人に最も最適な色を診断したり、指導する人はカラーアナリスト
カラープランナー
カラープランナーとは、色彩への豊富な知識により、商品や建築物、印刷などのカラープランを化学的に分析し、提案することなどが主な働きとなっています。そのようなカラープラン
環境色彩プランナー
環境色彩プランナーとは、環境問題や景観などに関心が高まる中、注目されつつある色彩のプロが活躍する現場です。公共施設やその他建築物などのカラープランニングを環境
カラースクール講師
カラースクール講師を必要とする場面は、カラースクールの他にも各種セミナーや講座など様々なものがあります。カラーコーディネーター資格
カラーセラピスト
カラーセラピストとは、色の持つ波長や心理的な効果を活用して、癒しの技術を提供するセラピストのことをいいます。その手法には様々なものがあり、よく知られているのがオーラーソーマやカラーパンクチャー
パーソナルカラー診断
パーソナルカラー診断とは、どのような色をコーディネートすればより魅力的に美しくなれるかを色彩のプロであるカラーコーディネーター

サイト内検索

カテゴリー