黒のティッシュ

黒のティッシュについて・・・

カラーコーディネーターをめざすなら、まずは試験や検定の対策!

カラーコーディネーター
トップページ >関連情報> 黒のティッシュ

黒のティッシュについて

黒のティッシュ?と聞けば、ティッシュケースが黒いのかと思いきや、なんとティッシュペーパーそのものが黒色という商品が話題になっているようだ。

カラーコーディネーターは、色を光の性質という側面からも見る。黒は、RGBでは3色がまったく無い状態、すなわち光として発色することはできない、光がまったくない状態である。また黒色のイメージとしては、様々なものがある。

ティッシュペーパーで考えてみれば、従来の白色の明るい色よりは、見た目にも質量感があり、高級感を味わうことができそうだ。このような高級感を高めるために黒色を使っているケースは、周りをよく見渡せば発見するのは難しいことではないが、しかしなぜティッシュなのか?


大昭和ファースト株式会社により製造

この黒いティッシュというのはそのまま商品名となっているようで、大昭和ファースト株式会社という国内メーカにより製造されている。
http://www.daishowasiko.com/black/index.html

ちなみにこの会社のページだが、周りの色まで黒いため、メインの商品が見づらい状況となっている。当たり前だが、本当にティッシュが黒い。素材はパルプ100%で、価格500円だそう。

一般庶民の感覚から考えれば、鼻をかんだり、化粧に使う目的の消耗品に高級感は不要と感じるかもしれない。しかし、高級感を味わう空間においては、さりげない演出をかもし出す心配りとなるかもしれない。

トレンドカラーは黒?

カラーコーディネーターを目指す方や現場にいる方は、時代に沿ったトレンドカラーを常に意識しているだろう。それならば、2008年は黒を意識しなくてはならなくなりそうだ。

日常で使う衛生用品やまな板、綿棒、歯ブラシ、歯磨き粉など。そして豆腐や塩といった食品にまでこのトレンドカラーを意識した商品が登場しているようだ。

今後も高級感と黒という色のイメージを強く意識しなくてはならない2008年となりそうである。


まずは情報収集しよう!

「どの検定試験がいいの?」 「独学でも合格できるの?」 「スクールや学校に行かなきゃダメ?」 「何を知らないとダメ?」 「資格取得後の就職状況は?」 「どんな就職先があるの?」 「実際にはどんな仕事をしているの?」

あなたも、いろんな不安や疑問、わからないことだらけではないですか? あまり深く考えずに、いきあたりばったりで考えていても、無駄に労力と時間を費やすことになりかねません。

まずは徹底して、情報を収集しましょう。

下記ページは、カラー、色彩関連の効率的な情報収集の方法が紹介されています。 やはり経験者や現場の声などのリアルタイムな情報は必要です。

>> 学習方法、就職資料・費用ゼロ収集法


関連情報の一覧

黒のティッシュ
黒のティッシュ?と聞けば、ティッシュケースが黒いのかと思いきや、なんとティッシュペーパーそのものが黒色という商品が話題になっているようだ。

サイト内検索

カテゴリー