受験対策

カラーコーディネーター試験入門ガイド > 受験対策では、
以下のような受験対策に関する情報を解説しています。

カラーコーディネーターをめざすなら、まずは試験や検定の対策!

カラーコーディネーター
トップページ > 受験対策

受験対策について

資格をとるには、
1.3つの検定試験のどれを受験するか決めるために、資料を集める
2.受験対策を考えるために資料を集める(独学か・スクールか・通信講座か)
という二つの行動が必要となります。ここでは、そのひとつひとつを一目で行動できるようにまとめてみました。


まずは情報収集しよう!

「どの検定試験がいいの?」 「独学でも合格できるの?」 「スクールや学校に行かなきゃダメ?」 「何を知らないとダメ?」 「資格取得後の就職状況は?」 「どんな就職先があるの?」 「実際にはどんな仕事をしているの?」

あなたも、いろんな不安や疑問、わからないことだらけではないですか? あまり深く考えずに、いきあたりばったりで考えていても、無駄に労力と時間を費やすことになりかねません。

まずは徹底して、情報を収集しましょう。

下記ページは、カラー、色彩関連の効率的な情報収集の方法が紹介されています。 やはり経験者や現場の声などのリアルタイムな情報は必要です。

>> 学習方法、就職資料・費用ゼロ収集法


受験対策の一覧

どの検定試験を受験するか?
3つの検定試験と資料請求先をリストアップしました。まずは願書などの資料を収集して、どの検定試験を受験するかを決めましょう。また試験を実施する会場や日程、受験料なども確認しておきましょう。
独学
カラーコーディネーターの資格をとるには、3級や2級であれば、独学でも不可能ではなく、実際に独学で資格を取得している人もいます。独学
カラースクール
カラースクールは初心者でも確実で比較的短時間で専門知識を得ることができます。確実に合格できる可能性がきわめて高く、また講師や学び仲間など人脈を豊富にすることができます。ただし、通学できる範囲にカラースクール
通信講座
通信講座は、時間が自由で自宅でできる、スクールに比べ費用が安いなどの良さがあります。また添削課題によって現在の理解度、フォローすべき点などを客観的に

サイト内検索

カテゴリー