カラーコーディネーター試験入門ガイド

カラーコーディネーターの試験や検定をめざす方を対象とした色彩関連情報を掲載!
今すぐ検定試験概要や基本用語をチェックしよう!

カラーコーディネーターをめざすなら、まずは試験や検定の対策!

カラーコーディネーター

当サイトについて

試験や検定 カラーコーディネーターの試験や検定は、国内に3つがあります。このサイトは、これからカラーコーディネーターの試験や検定を、受験しようとする人たちを対象に、総合的にガイドすることを目的としています。初心者の方のための基本知識から資格試験の概要、受験準備や対策、そして必須となる基本用語をわかりやすく分類して解説しました。現在、様々な分野で色への関心が高まり、色彩の知識を持つ専門家はより注目されています。色彩のプロを目指し、本サイトを参考に検定試験に挑戦してみてください。


まずは情報収集しよう!

「どの検定試験がいいの?」 「独学でも合格できるの?」 「スクールや学校に行かなきゃダメ?」 「何を知らないとダメ?」 「資格取得後の就職状況は?」 「どんな就職先があるの?」 「実際にはどんな仕事をしているの?」

あなたも、いろんな不安や疑問、わからないことだらけではないですか? あまり深く考えずに、いきあたりばったりで考えていても、無駄に労力と時間を費やすことになりかねません。

まずは徹底して、情報を収集しましょう。

下記ページは、カラー、色彩関連の効率的な情報収集の方法が紹介されています。 やはり経験者や現場の声などのリアルタイムな情報は必要です。

>> 学習方法、就職資料・費用ゼロ収集法


概要

専門家は、どんな場面で活躍しているのでしょうか。一口にいっても様々な呼び方があります。ここでは、様々な場面に応じた呼び方をあげて、解説をつけてみました。そのことから概要をとらえることができるでしょう。

受験対策

資格をとるには、
1.3つの検定試験のどれを受験するか決めるために、資料を集める
2.受験対策を考えるために資料を集める(独学か・スクールか・通信講座か)
という二つの行動が必要となります。ここでは、そのひとつひとつを一目で行動できるようにまとめてみました。

資格

資格は、3種類があります。ここでは、ひとつひとつの資格の概要をまとめてみました。それぞれの検定試験の違い、ファッションコーディネート色彩能力検定、カラーコーディネーター検定試験、色彩士検定などです。

ファッションコーディネート色彩能力検定試験(AFT)

ここは、AFTファッションコーディネート色彩能力検定試験についてのカテゴリーです。AFTのことや試験の概要、受験資格、1級、2級、3級のレベル、それぞれのレベルにおける試験内容についての概要をまとめてみました。

検定試験

ここは、東京商工会議所による検定試験についてのカテゴリーです。その試験の概要や1級レベルにおけるファッション色彩、商品色彩、環境色彩の概要、そして受験資格、1級、2級、3級のレベル別のこと、またそれぞれのレベルの試験内容についてなどをまとめています。

色彩士検定

色彩士検定は、NPO法人全国美術デザイン専門学校教育振興会(ADEC)による関連の検定試験のひとつです。ここはその色彩士検定についてのカテゴリーです。色彩士試験の概要や受験資格、1級、2級、3級のレベル別の概要、またそれぞれの検定内容をまとめています。

色の分類

ここでは、基本となる色の分類についての様々な用語をまとめています。有彩色や無彩色、色の三属性、色相、心理四原色、心理補色、物理補色、明度、彩度、純色、トーン、ヒュートーンシステム、明清色、暗清色、PCCS、マンセルシステム、オストワルトシステム、OSA均等色尺度・・・。

色の見え方

色は様々な性質や条件、環境によって見え方が変化します。そんな色の見え方についても専門的知識が必要です。ここではそんな色の見え方に関する基本的な用語をまとめています。可視光線や電磁波、ナノメーター、スペクトル、白色光、単色光、複合光、屈折、光源色、表面色、透過色、透明面色、物体色、機能的効果、情緒的美的効果・・・などなど。

色名

基本用語として必要なのが、色名です。ここでは、そんな色名に関する用語をまとめています。固有色名、慣用色名、伝統色名、流行色名、基本色名、PCCSの基本色名、JISの基本色名、系統色名、基本色彩語などです。

混色

基本とされる知識のひとつが、混色です。ここでは、混色に関する用語をまとめています。混色に対して原色、三原色や色光、色料、色光三原色、色料三原色、加法混色、減法混色、中間混色、回転混色、維持加法混色、並置混色・・・などなど。

色の対比

ひとつの色がその周りの色によって影響を受ける色の対比といった知識が必要です。ここではそんな色の対比に関する用語をまとめています。同時対比や維持対比、補色残像、色相対比、明度対比、彩度対比、補色対比、ハレーション、ハーマングリッド効果、ハーマンドット、同化現象、フォンベゾルト現象、色相の同化・・・。

配色

配色に関する専門的な知識が重要です。ここでは、そんな配色に関する用語をまとめています。色彩調和や同一色相配色、隣接色相配色、類似色相配色、中差色相配色、類似トーン配色、対照トーン配色、色相の自然連鎖、自然序列、自然な明度差・・・。

イメージ

色がもつ感覚やとらえかたのイメージについても、専門的な知識を必要とされます。ここでは、そんな色の持つイメージに関する用語をまとめてみました。暖色系や寒色系、中性色、興奮色、沈静色、進出色、後退色、収縮色、色の視認性、誘目性、色の面積効果、アパレル・・・。

ファッション

その役割のひとつとして、ファッションに関する知識を持つことも必要です。ここでは、そんなファッションに関する用語をまとめています。天然繊維、ナチュラルファイバー、植物繊維、動物繊維、化学繊維、ケミカルファイバー、再生繊維、半合成繊維、プリント柄、衣服の三要素・・・。

関連情報

関連する最近の話題や注目のトピックなどをまとめています。色をテーマに情報を探せば、色んなものや出来事が幅広く関連してくるのがわかります。例えば、食品や日用品、そしてファッションやインテリアなどなど。あらゆるものにどんな色彩を配置するかはそのものが持つコンセプトに沿ったものであることが大事であるのは言うまでもありません。色を基本においた視点で様々な情報を考えるヒントとしてご活用いただければ幸いです。

サイト内検索

カテゴリー

お役立ちリンク集